XMTrading(エックスエム)の口座タイプ(種類)について

XMTrading(エックスエム)の口座タイプ(種類)について

XMTrading(エックスエム)の口座タイプ(種類)について

XMTrading(エックスエム)

 

このページではXMTradingの3種類ある口座タイプ(スタンダード口座・マイクロ口座・Zero口座)のそれぞれの特徴や違いなどを説明しています。

 

とても重要な部分になりますので、口座開設する際のの参考にして頂けたら幸いです。

 

当サイトにてXMTradingの詳しい口座開設手順を画像付きで説明しておりますので口座開設をされたい方は参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

XMTradingにはスタンダード・マイクロ・Zeroの三種類がある

XMTRadingにはスタンダード口座・マイクロ口座・Zero口座、3種類の口座タイプがあります。

 

項目 スタンダード口座 マイクロ口座 Zero口座

ボーナス

口座開設・入金・ロイヤルティボーナス 口座開設ボーナスのみ
最大レバレッジ 888倍 500倍
取引手数料 無料 1000円(1ロット)
約定方式 STP方式 ECN方式
スプレッド(ドル円) 1.5〜1.7pips 0.0〜0.2pips
1ロットの単位 100000通貨 1000通貨 100000万通貨
最小取引単位 1000通貨 10通貨 1000通貨
最低入金額 500円 10000円
FX通貨ペア数 57通貨ペア 56通貨ペア
CFD取引銘柄数 42銘柄 取り扱いなし
貴金属取引ペア数 5種類 金・銀のみ

 

この表を見て頂けると大体の違いが分かると思いますが、これから具体的な違いを説明していきます。

 

 

口座タイプによって最大レバレッジが違う

まず最初にレバレッジの違いから説明します。

 

レバレッジ888倍がウリになっているXMTradingですが、スタンダード口座とマイクロ口座が888倍でZero口座だけが500倍になります。

 

XMTradingでは口座内にある有効証拠金によって段階的にレバレッジが引き下げられるレバレッジ規制があるのですが、このレバレッジ規制をされると全口座タイプ一律のレバレッジになります。

 

表にすると分かりやすいと思うので比較表を作りました。

 

有効証拠金 スタンダード口座 マイクロ口座 Zero口座
〜200万円 888倍 500倍
200万円〜1000万円 200倍
1000万円〜 100倍

 

このようになるので、口座タイプによってレバレッジが違うのは、あくまでも有効証拠金が200万円未満の場合です。

 

関連ページ:XMTradingのレバレッジ

 

 

口座タイプによって貰えないボーナスがある

ボーナスが豪華で有名なXMTradingですが、実は口座タイプによって貰えないボーナスが存在します。

 

スタンダード口座とマイクロ口座は口座開設ボーナス・入金ボーナス・ロイヤルティポイントボーナスと全てのボーナスを受け取る事が可能ですが、Zero口座だけは口座開設ボーナスだけしか受け取れません。

 

何故Zero口座だけが貰えないボーナスがあるのかと言いますと、Zero口座はスプレッドが極小でトータルコストが小さい分、貰えないボーナスがあるのです。

 

ボーナス名 スタンダード口座 マイクロ口座 Zero口座
口座開設ボーナス(3000円)
入金ボーナス(最大50万円) ×
ロイヤルティボーナス(取引量に応じて) ×

 

先程のレバレッジに関しては、一定の金額(有効証拠金)以上で全口座同じ条件になりますが、ボーナスに関しては、その方のトレードスタイルや使用する通貨ペアなどによってどの口座タイプが良いのか変わって来るので口座開設前にしっかりとボーナスについて把握しておいて下さい。

 

関連ページ:XMTradingのボーナス

 

 

口座タイプによって1ロットの数え方(単位)が違う

口座タイプを選択する際には、この部分は非常に大事になってきます。

 

通常海外FX会社の1ロットとは100000通貨単位の事を指します(日本のFX会社の場合は10000通貨を1ロットと呼ぶ事が多い)がXMTradingでは口座タイプによって1ロットの単位が異なってきます。

 

口座タイプの名前を見れば何となく分かると思いますが、マイクロ口座だけが1ロットが1000通貨になります。

 

取引単位 スタンダード口座 マイクロ口座 Zero口座
1ロット(通常) 100000通貨 1000通貨 100000通貨
0.01ロット(最小) 1000通貨 10通貨 1000通貨

 

ご覧のように1ロット=最小取引単位ではなく、各口座タイプとも最小取引単位は0.01ロットになります。

 

ですので、「自分は初心者で、まずは1000通貨単位で始めたいからマイクロ口座にしよう」とは思わなくて大丈夫です。

 

スタンダード口座の0.01ロットで1000通貨取引が行なえますので。

 

どうしても100通貨・10通貨単位でトレードを行ないたいという方だけマイクロ口座を選択して下さい。

 

 

口座タイプによってスプレッドや手数料が違う

先程のボーナスの項目で少し説明しましたが、Zero口座はスタンダード・マイクロ口座と比べて極端にスプレッドが小さくなっています。

 

これはZero口座がECNと呼ばれる、FX業者が手数料(利益)をスプレッドに上乗せしない方式を採用しているからです。

 

通常(スタンダード・マイクロ口座など)の場合はFX業者の取り分(利益)を上乗せしたものが我々トレーダーに提示されているスプレッドになります。

 

Zero口座では業者の取り分(利益)を上乗せしないからスプレッドが小さいのです。

 

しかしながら、Zero口座ではスプレッドの他に手数料(100000通貨当たり1000円)が掛かります。

 

100000通貨当たり1000円というのは要するに1.0pips分ですね。

 

例えばページ冒頭の表に書きましたが、Zero口座のドル円のスプレッドは0.0〜0.2pipsになっています。

 

このスプレッドに1.0pips分を足した数字がトータルコストになります。(1.0pips〜1.2pips)

 

それに対して、スタンダード口座・マイクロ口座のドル円のスプレッドは1.5〜1.7pips辺りが平均なので、Zero口座と比較するとコストが0.5pips程度高くなってしまいます。

 

ここからが少々複雑になっていくのですが、先程のボーナスが絡んできます。

 

Zero口座ではロイヤルティポイントボーナスが貰えない

Zero口座では入金ボーナスとロイヤルティポイントボーナスが貰えないとお伝えしました。

 

このロイヤルティポイントボーナスがコストに関係してくるのです。

 

どういう事かと言うと、ロイヤルティポイントボーナスというのは、トレードした数量に応じて貰えるボーナスになります。

 

例えば100000通貨取引した場合に受け取れるロイヤルティポイントボーナスは、大体350円〜700円(3.5pips〜7pips)ほどになります。(ランクステータスによる)

 

このロイヤルティポイントボーナスの最大値(0.7pips分)をコストから差し引くと状況が一変しますよね。

USD/JPYのスプレッド比較
ロイヤルティボーナス スタンダード口座 マイクロ口座 Zero口座
含まない 1.5pips〜1.7pips 1.0pips〜1.2pips
含む 0.8pips〜1.0pips 1.0pips〜1.2pips

 

このようになってしまいます。

 

但し、今回はドル円で説明しましたが、ユーロ円やポンド円などはロイヤルティポイントボーナスを含めてもZero口座の方がトータルコストが小さくなっています。

 

全通貨ペアを調べた訳ではありませんが、ドル円やユーロドルといった低スプレッド通貨ペアはロイヤルティポイントボーナスを含めると、スタンダード口座・マイクロ口座の方がトータルコストは小さくなっています。

 

ですので、使用する通貨ペアや取引スタイルなどによって、どの口座タイプを選択するのか変わってくると思います。

参考までにロイヤルティポイントボーナスで貰えるボーナスにはランクステータスが関係してきますが、初回取引から100日が経過すれば誰でも一番ランクの高いEliteになれます。100日経過後から100000通貨の取引で0.7pips分のボーナスが受け取れます。

 

 

XMTradingの口座タイプ(種類)まとめ

ここまでレバレッジの違い、受け取れるボーナスの違い、1ロットの単位の違い、取引手数料の違いを説明してきました。

 

スタンダード口座にするかマイクロ口座にするかは直ぐに判断できると思います。スタンダード口座とマイクロ口座の違いは数量の違いだけですから。

 

恐らく10通貨100通貨でトレードをされる方は余りいらっしゃらないと思うので、殆どの場合はスタンダード口座にするかZero口座にするかで悩むと思います。

 

その方の考え次第だとは思いますが、トータルコストだけではなく、入金ボーナスを貰える貰えないを含めると、まずはスタンダード口座で開始するのがベストだと思います。

 

入金ボーナスは最大で50万円分受け取る事ができるので、まずはボーナスを活用して口座資金を増やす。

 

その後、使用する通貨ペアのトータルコストがZero口座の方が低いのであればZero口座を開設すれば良いでしょう。(XMTradingでは最大で8つまで口座を持つ事ができます)

 

口座開設前にXMTradingの全ての仕組みを理解してから始めるのが良いと思いますが、中々そうもいかないと思うので、とりあえずXMTrading(海外FX会社)でFXを始めたいというのであればスタンダード口座を選ぶと良いと思いますよ。

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

 

まだXMTradingの口座をお持ちで無い方は下記から口座開設できます。

 

 

 

 

 

 

FX(USD)今日の予定・動向(2019年09月13日)

欧米為替見通し:ドル・円は伸び悩みか、米FOMC控え政治圧力を意識も

13日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。リスク要因の後退に伴う円売りの継続で、ドル・円は上昇方向に振れやすい。ただ、来週の連邦公開市場委員会(FOMC)前にトランプ政権からの利下げ圧力が意識され、ドルの上昇は限定的となりそうだ。

 

前日の取引で注目された欧州中銀(ECB)理事会では、中銀預金金利の引き下げと資産買い入れ再開、フォワードガイダンス変更など、包括的な緩和策が打ち出された。ただ、量的緩和への反対意見がみられたことから追加緩和観測は後退、ユーロ・円が117円半ばから119円後半に大きく切り返し、ドル・円を押し上げた。本日のアジア市場で、ドル・円は108円台で底堅い値動きで推移。足元では、来月開催の米中貿易協議に向け中国の劉鶴副首相が協議の進展に意欲を示したほか、トランプ米大統領は暫定合意検討の可能性を示唆。それらを好感したリスク選好的な円売りが続く。

 

この後の海外市場でも、円売りがドルを含め主要通貨を押し上げる展開が予想される。市場の注目はECB理事会から来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)に移り、今晩発表の米小売売上高など経済指標への感応度が高まりそうだ。前日の消費者物価指数(CPI)が底堅い内容となったことから、FOMCでの大幅利下げ観測は遠のきややドル買いに振れやすい。半面、今晩の小売売上高は伸びが鈍化する見通しで目先はドル買いが弱まる可能性もあろう。一方、トランプ大統領はECBの金融緩和に関連しFRBの対応を批判。大幅利下げへの政治圧力が意識されれば、ドルは積極的には買いづらいだろう。

 

引用元:みんなの株式

XMTrading(エックスエム)の関連ページ

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の口座開設方法を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。誰でも分かるように書きましたのでまだ口座開設していない方はご活用下さい。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の入金方法(国内銀行振込・クレジットカード・bitwallet・SticPay)を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の出金方法(国内銀行振込・クレジットカード・bitwallet・SticPay)を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)のMT4・MT5のダウンロード方法やインストール方法、ログイン方法を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)のレバレッジについて説明をしています。口座タイプによるレバレッジの違いやレバレッジ制限についても書いています。;

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の3種類のボーナス(口座開設ボーナス・入金ボーナス・ロイヤルティポイントボーナス)について詳しく説明をしています。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の強制ロスカットやゼロカットについて説明をしています。トレードをする上で非常に大事な部分ですので是非ご覧下さい。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)
XMTrading(エックスエム)の過去レート(USD/JPY日足4本値)を掲載しています。 2019年1月〜のレートを見れますので是非お役立て下さい。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)が配信しているFX動画ニュースを掲載しています。過去のニュース動画も観れますのでトレードにお役立て下さい。

≫この記事を読む