XMTrading(エックスエム)の追加口座開設方法・手順

XMTrading(エックスエム)の追加口座開設方法・手順

XMTrading(エックスエム)の追加口座開設方法・手順

XMTrading(エックスエム)

 

本ページは既にXMの口座を一つ以上お持ちの方を対象としています。
まだ口座をお持ちで無い場合は下記より新規口座開設を行なって下さい。

 

 

 

XMTradingで作る事ができる追加口座は7つ

XMTradingでは初回開設する口座以外に7つまで追加口座を開設する事が出来ます。(合計8つ)

 

3つある口座タイプを一つずつ開設しても良いですし、トレードスタイル(自動売買・スキャルピングなど)によって使い分けたりする事も可能です。

 

しかし、使わない口座をむやみに開設すると損をしてしまう可能性があるので、追加口座を作る前にその辺をお伝えします。

 

90日間取引を行なわないと休眠口座になる

XMTradingでは90日間無取引・入出金無しの状態が続くと休眠口座になってしまいます。

 

休眠口座になるとどうなるのかと言うと、口座残高から毎月$5USDが引かれていきます。

 

取引や入出金を行なうか、口座残高が$5未満になるまで引かれ続けていくというルールになっているのです。

 

口座残高が$5未満で90日が経過すると口座凍結

休眠口座になり、口座残高が$5未満になってから更に90日が経過すると口座が凍結され、その口座では二度と取引を行なう事が出来なくなります。

 

口座凍結されるとマイページにもMT4/5にもログイン出来なくなり、新しく口座を作り直すしかなくなるのです。

 

休眠口座になる前に対処するべき

口座凍結されるまで最短で180日あるので、それだけの期間使用しないという事は凍結されてもそれ程問題ではないかと思いますが、口座凍結よりも休眠口座時に引かれていく手数料が問題です。

 

この事を知らないで口座に資金を残し、放ったらかしにしてると毎月$5が減っていくのです。

 

ですから、むやみやたらに追加口座を作成してはいけません。

  • 使用する口座だけを開設する
  • 使用しなくなったら口座から資金を引き上げる

この2つを徹底するようにして下さい。(口座残高が空なら手数料は掛かりません)

 

それでは注意点が分かった所で追加口座開設手順を説明していきます。

 

XMTrading追加口座開設手順

まず初めに下記よりXMTradingマイページにログインして下さい。

 

 

 

XMTradingマイページにログインしたら「追加口座を開設する」ボタンをクリックします。

 

XMTrading

 

 

開いた画面で追加する口座タイプなどを選択します。

XMTrading

取引プラットフォームタイプ 「MT4」か「MT5」を選択して下さい。
口座タイプ 「スタンダード」「マイクロ」「XM Zero」の中から選択して下さい。
口座の基本通貨 「EUR」「USD」「JPY」の中から選択して下さい。
レバレッジ レバレッジを選択して下さい。(スタンダード・マイクロは最大888倍、XM Zeroは最大500倍まで)
口座ボーナス 「はい、ボーナスの受け取りを希望します。」を選択して下さい。
口座パスワード 半角小文字、半角大文字、半角数字を最低1字ずつ使用し、合計8〜15字でパスワードを設定して下さい。
確認 リスクや規約等に一通り目を通し同意する場合はチェックを入れて下さい。
リアル口座開設 全ての入力・選択を終えたらクリックして下さい。

 

 

「リアル口座開設」をクリックすると登録メールアドレスへメールが届きます。

 

XMTrading

 

 

これだけで追加口座の開設が完了となります。(住所などの個人情報は既に提出済みなので必要ありません)

 

続いて追加した口座へ他の口座から資金を移動させる手順をお伝えします。

 

 

口座間の資金移動方法

XMマイページトップにある「資金振替」を開きます。

 

XMTrading

資金移動元口座番号でマイページにログインを行なって下さい

 

「資金振替」を開いたら、資金移動先口座番号を選択、移動する金額を半角数字で入力し最後に「リクエスト送信」をクリックして下さい。

 

XMTrading

 

 

「リクエスト送信」をクリックすると資金移動が完了しこのような表示になります。

 

XMTrading

 

 

登録メールアドレスに「内部送金に関するお知らせ」のタイトルでメールが届くので確認して下さい。

 

XMTrading

 

 

あとはマイページあるいはMetaTraderにログインし間違いなく資金が移動された確認して下さい。

 

資金移動ではなく新たに資金を入金する方法

口座間の資金移動ではなく、新たに入金を行なう場合は下記の入金方法を参考にして下さい。

 

 

 

以上でXMTradingの追加口座開設手順の説明を終わります。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

 

FX(ドル)今日の予定・動向(2020年08月11日)

米株高に支えられ、ドル高続く可能性も

<< 東京市場の動き >>

11日の東京市場は、ドルが小高い。それも、終盤にかけて値を上げる展開で、「寄り付き安・大引け高」に近い格好だった。

 

ドル/円は寄り付いた105.85-90円を日中安値にドルがじり高推移。需給面では、東京勢3連休明けの仲値要因なども取り沙汰されていた。一時は106.15円レベルと、前日高値を前に上げ渋ったものの、時間を経たのち上抜くと終盤には106.20-25円まで続伸している。16時現在では、そのままドルの高値圏をキープし、欧米時間を迎えていた。

 

一方、材料的に注視されていたものは、「米中の対立」と「新型コロナをめぐる動き」について。
前者は、中国発の動画共有アプリTikTokや香港情勢をめぐる「米中の対立」が取り沙汰され、後者については、トランプ米政権が香港政府トップら11人に制裁を科したことに対抗し、中国外務省が「米上院議員など11人を制裁対象にした」と発表している。そうしたなか、今回「米厚生長官が台湾を訪問し総統と会談した」ことが、新たに両国の火種になった感も。中国外務省の趙副報道局長が、会談に対し「中国は一貫して米台の公的な往来に断固反対している」と非難するなど、繰り返しての批判コメントが観測されていたようだ。

 

対して後者は、米ジョンズ・ホプキンス大学の集計結果で、新型コロナの世界感染者がついに2000万人超えとなった。6月下旬に1000万人を上回ってから、約1ヵ月半で倍増した計算で、感染がさらに加速している感を否めない。日本も他人ごとではないものの、やはり懸念されているのは米国情勢。ただ、米製薬会社のギリアドは、抗ウイルス薬「レムデシビル」がコロナ治療薬として新薬承認申請されたことを明らかにするなど、ワクチン開発に期待を抱く市場参加者も少なくはない。

 

<< 欧米市場の見通し >>

昨日、ナスダック指数が利益確定売りなどに押され軟落したものの、米株は依然として堅調だ。実際、本日の東京時間、先物取引における米株主要3指数ともプラス圏で推移している。「新型コロナの感染第2波」への懸念や「米中対立」への警戒感も聞かれるが、それらが株式など金融市場に大きな影響を与えている感はうかがえない。なにか決定打が出れば流れが反転することになりそうだが、目先は株高の動きなどに支えられ、為替市場でもドル高傾向が続く可能性もある。

 

材料的に見た場合、「米中の対立」やそれだけにとどまらない「中国情勢」、「北朝鮮情勢」、「英国情勢」、「イラン情勢」、「新型コロナウイルス」、「米大統領選」など注目要因は依然として目白押し。それら数ある要因のなかでも、もっとも注意を要するのは、引き続き「米中対立」と「新型コロナの第2波」への警戒になる。前者との絡みでいえば、先日、「中国発の動画アプリTikTok、11日にもトランプ政権を提訴」と報じられており、動静は気掛かりだ。なお、東京勢は3連休が明け、市場に戻ってきたものの、今度は週末にかけて「盆休み」を迎える先が少なくない。海外勢が「夏休み」真っ盛りということと合わせ、しばらくは参加者の乏しい状況から不安定な変動をたどる展開にも要注意。

 

テクニカルに見た場合、ややドル高方向にバイアスのかかった値動きとなっているが、それでもいまだレンジ内。106.47円というレンジ上限をめぐる攻防が引き続き注視されている感を否めない。仮にしっかり超えた場合には、6月高値109.85円を起点とした下げ幅の半値戻しに当たる107.00-05円がターゲットに。
また、ザラ場の動きもさることながら、NYクローズで移動平均の21日線(106.15円レベル)を越えられるか否かも注視されている。

 

本日、7月の米生産者物価指数が発表されるほか、米財務省による3年債の入札などが予定されている。また、デイリー・サンフランシスコ連銀総裁などによるオンライン討論会に参加も実施される見込みだ。要人発言には注意を払いたい。
また、英国やトルコを含めた欧州情勢にも要注意。為替市場としても、ユーロが相場をけん引しかねないように思っている。

 

そんな本日欧米時間のドル/円予想レンジは105.70-106.60円。上方向は、移動平均の21日線も近くに位置する本日東京高値の106.20-25円が最初の抵抗。しっかり上抜けると、106.47円などを目指す展開となろう。
対するドル安・円高方向は、昨日安値である105.71円が目先のサポートとして意識されている。下回った場合には105.30円がターゲットに。

 

引用元:FX羅針盤

XMTrading(エックスエム)の関連ページ

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の口座開設方法を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。誰でも分かるように書きましたのでまだ口座開設していない方はご活用下さい。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)

レバレッジ888倍でボーナスが豪華なXM Trading(エックスエムトレーディング)の追加口座口座開設方法・手順を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)

XM Trading(エックスエム)の口座タイプ(種類)について詳しく説明します。それぞれの口座タイプの違いや確認方法・変更方法なども解説します。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の3種類のボーナス(口座開設ボーナス・入金ボーナス・ロイヤルティポイントボーナス)について詳しく説明をしています。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)のレバレッジについて説明をしています。口座タイプによるレバレッジの違いやレバレッジ制限についても書いています。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の強制ロスカットやゼロカットについて説明をしています。トレードをする上で非常に大事な部分ですので是非ご覧下さい。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)で使用するMT4(メタトレーダー4)のダウンロードやインストール・ログイン方法を画像付きで詳しく説明しています。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)で使用するMT5(メタトレーダー5)のダウンロードやインストール・ログイン方法を画像付きで詳しく説明しています。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の入金方法(国内銀行振込・クレジットカード・bitwallet・SticPay)を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の出金方法(国内銀行振込・クレジットカード・bitwallet・SticPay)を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)
XMTrading(エックスエム)の過去レート(USD/JPY日足4本値)を掲載しています。 2019年1月〜のレートを見れますので是非お役立て下さい。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)が配信しているFX動画ニュースを掲載しています。過去のニュース動画も観れますのでトレードにお役立て下さい。

≫この記事を読む