XMTrading(エックスエム)の追加口座開設方法・手順

XMTrading(エックスエム)の追加口座開設方法・手順

XMTrading(エックスエム)の追加口座開設方法・手順

XMTrading(エックスエム)

 

本ページは既にXMの口座を一つ以上お持ちの方を対象としています。
まだ口座をお持ちで無い場合は下記より新規口座開設を行なって下さい。

 

 

 

XMTradingで作る事ができる追加口座は7つ

XMTradingでは初回開設する口座以外に7つまで追加口座を開設する事が出来ます。(合計8つ)

 

3つある口座タイプを一つずつ開設しても良いですし、トレードスタイル(自動売買・スキャルピングなど)によって使い分けたりする事も可能です。

 

しかし、使わない口座をむやみに開設すると損をしてしまう可能性があるので、追加口座を作る前にその辺をお伝えします。

 

90日間取引を行なわないと休眠口座になる

XMTradingでは90日間無取引・入出金無しの状態が続くと休眠口座になってしまいます。

 

休眠口座になるとどうなるのかと言うと、口座残高から毎月$5USDが引かれていきます。

 

取引や入出金を行なうか、口座残高が$5未満になるまで引かれ続けていくというルールになっているのです。

 

口座残高が$5未満で90日が経過すると口座凍結

休眠口座になり、口座残高が$5未満になってから更に90日が経過すると口座が凍結され、その口座では二度と取引を行なう事が出来なくなります。

 

口座凍結されるとマイページにもMT4/5にもログイン出来なくなり、新しく口座を作り直すしかなくなるのです。

 

休眠口座になる前に対処するべき

口座凍結されるまで最短で180日あるので、それだけの期間使用しないという事は凍結されてもそれ程問題ではないかと思いますが、口座凍結よりも休眠口座時に引かれていく手数料が問題です。

 

この事を知らないで口座に資金を残し、放ったらかしにしてると毎月$5が減っていくのです。

 

ですから、むやみやたらに追加口座を作成してはいけません。

  • 使用する口座だけを開設する
  • 使用しなくなったら口座から資金を引き上げる

この2つを徹底するようにして下さい。(口座残高が空なら手数料は掛かりません)

 

それでは注意点が分かった所で追加口座開設手順を説明していきます。

 

XMTrading追加口座開設手順

まず初めに下記よりXMTradingマイページにログインして下さい。

 

 

 

XMTradingマイページにログインしたら「追加口座を開設する」ボタンをクリックします。

 

XMTrading

 

 

開いた画面で追加する口座タイプなどを選択します。

XMTrading

取引プラットフォームタイプ 「MT4」か「MT5」を選択して下さい。
口座タイプ 「スタンダード」「マイクロ」「XM Zero」の中から選択して下さい。
口座の基本通貨 「EUR」「USD」「JPY」の中から選択して下さい。
レバレッジ レバレッジを選択して下さい。(スタンダード・マイクロは最大888倍、XM Zeroは最大500倍まで)
口座ボーナス 「はい、ボーナスの受け取りを希望します。」を選択して下さい。
口座パスワード 半角小文字、半角大文字、半角数字を最低1字ずつ使用し、合計8〜15字でパスワードを設定して下さい。
確認 リスクや規約等に一通り目を通し同意する場合はチェックを入れて下さい。
リアル口座開設 全ての入力・選択を終えたらクリックして下さい。

 

 

「リアル口座開設」をクリックすると登録メールアドレスへメールが届きます。

 

XMTrading

 

 

これだけで追加口座の開設が完了となります。(住所などの個人情報は既に提出済みなので必要ありません)

 

続いて追加した口座へ他の口座から資金を移動させる手順をお伝えします。

 

 

口座間の資金移動方法

XMマイページトップにある「資金振替」を開きます。

 

XMTrading

資金移動元口座番号でマイページにログインを行なって下さい

 

「資金振替」を開いたら、資金移動先口座番号を選択、移動する金額を半角数字で入力し最後に「リクエスト送信」をクリックして下さい。

 

XMTrading

 

 

「リクエスト送信」をクリックすると資金移動が完了しこのような表示になります。

 

XMTrading

 

 

登録メールアドレスに「内部送金に関するお知らせ」のタイトルでメールが届くので確認して下さい。

 

XMTrading

 

 

あとはマイページあるいはMetaTraderにログインし間違いなく資金が移動された確認して下さい。

 

資金移動ではなく新たに資金を入金する方法

口座間の資金移動ではなく、新たに入金を行なう場合は下記の入金方法を参考にして下さい。

 

 

 

以上でXMTradingの追加口座開設手順の説明を終わります。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

 

FX(ドル)今日の予定・動向(2020年06月03日)

ドル/円がレンジ上放れ、続伸期待も

<< 東京市場の動き >>

<< 東京市場の動き >>
3日の東京市場は、ドルが小じっかり。一時108.85円レベルまで値を上げ、前日記録した戻り高値を再び更新する局面も観測されていた。

 

ドル/円は108.65円前後で寄り付いたのち、前日NYでドルが大きく上昇した流れもあり続伸。108.85円レベルまで値を上げている。しかし、日中高値を示現後は上げ渋ると、逆に軟落し108.40-45円へ。その後は、やや方向性の定まらぬまま108円半ば挟みの一進一退をたどり、16時現在では108.65-70円で推移し欧米時間を迎えている。
なお、昨日の欧米時間もそうだったが、本日東京でも円は対ドルだけでなく全面安の様相。事実、ユーロ/円やポンド/円、豪ドル/円などは前日更新した直近の戻り高値を本日再度塗り替えていた。

 

一方、材料的に注視されていたものは、「米中対立」と「米国におけるデモ活動」について。
前者は、香港情勢を中心に、貿易問題などを絡めた米中対立が取り沙汰されるなか、今度はトランプ米大統領が指摘した「拡大G7」について中国が噛み付いた。狙いが「対中包囲網の構築」にあることからすれば当然だが、自身が招待国に含まれていないことが不満になっているようで、中国外務省の趙副報道局長から「中国を狙ったグループづくりは人々の支持を得られない」との発言も聞かれていたようだ。
対して後者は、昨日も全米各地で大規模な抗議デモが実施されただけでなく、一部が暴徒化。商店が破壊されるといった被害も多数発生していたという。そのため、ワシントンなどでは州兵が動員されたほか、陸軍部隊の派遣も一部で取り沙汰されていた。また、NY市ではデブラシオ市長が、夜間外出禁止令の延長を発表し、警戒を呼び掛けるなど社会不安が増大している感を否めない。

 

<< 欧米市場の見通し >>

昨日の欧米時間、予想外のタイミングで円安が進展。それも全面安の商状をたどっている。また、その流れを継ぎ、本日東京時間も多くのクロス取引で円は続落しており、リスクは円安方向にバイアスが掛かると言わざるを得ないだろう。ただ、正直なところ、何故これほどまでに円が売られているのか理由が判然とせず、一抹のモヤモヤ感も残る。形成された流れには乗るしかないものの、振り落としの動きにも一応注意しておきたい。
材料的に見た場合、「貿易問題のほか香港情勢などを含めた米中の対立」や「北朝鮮情勢」、「英国情勢」、「イラン情勢」、「新型コロナウイルス」、「米大統領選」、「全米に広がるデモ活動」など、注目要因は依然として目白押し。そうしたなか、もっとも注意を要するのは、引き続き「米中対立」と、「全米に広がるデモ活動」の動きになる。前者についても当然気掛かりだが、後者である国内の対応に忙しく、「トランプ政権は中国に注意を払う余裕がない」などといった見方も少なくないようだ。逆に、そうした間隙を突く格好で、百戦錬磨の中国がなんらかの「攻撃」を米国に仕掛ける危険性を指摘する声も。

 

テクニカルに見た場合、ドル/円は過去1ヵ月半ほどに及んだレンジ上限108.10円レベルを、昨日しっかりと上回ってきた。さらに、108.35円レベルに位置した移動平均の200日線をNYクローズベースでも、上回って大引けている。昨年来の相場はダマシが多いものの、素直に考えてリスクは上向きだろう。
ちなみに、本日東京高値にあたる108.85円レベルは、3月高値111.71円を起点とした下げ幅の半値戻しにほぼ合致するテクニカルポイント。まずは、その攻防に要注意だ。

 

一方、材料的に見た場合、5月のADP雇用統計や同ISM非製造業総合指数といった、なかなか重要な米経済指標が発表される予定となっている。とくに雇用関係の指標は、週末に5月の米雇用統計が発表されることで、「露払い」的な意味合いもあり注目度が高いようだ。
なお、一応参考までにADP雇用統計の事前予想値を指摘しておくと、マイナス900万人程度。数字的にはまだまだ高水準だが、それでも前月(マイナス2023万人)からは大きく改善する可能性もある。

 

そんな本日欧米時間のドル/円予想レンジは、108.10-109.10円。フィボナッチで見たテクニカルポイントにも合致する本日東京高値108.85円レベルをめぐる攻防にまずは注目。上抜ければ109円回復も。
対するドル安・円高方向は、昨日上回ってきた移動平均の200日線が位置する108.35円レベルが最初のサポート。ザラ場ベースはもちろん、NYクローズでも引き続き上回れるか否かが注視されている。

 

引用元:FX羅針盤

XMTrading(エックスエム)の関連ページ

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の口座開設方法を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。誰でも分かるように書きましたのでまだ口座開設していない方はご活用下さい。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)

レバレッジ888倍でボーナスが豪華なXM Trading(エックスエムトレーディング)の追加口座口座開設方法・手順を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)

XM Trading(エックスエム)の口座タイプ(種類)について詳しく説明します。それぞれの口座タイプの違いや確認方法・変更方法なども解説します。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の3種類のボーナス(口座開設ボーナス・入金ボーナス・ロイヤルティポイントボーナス)について詳しく説明をしています。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)のレバレッジについて説明をしています。口座タイプによるレバレッジの違いやレバレッジ制限についても書いています。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の強制ロスカットやゼロカットについて説明をしています。トレードをする上で非常に大事な部分ですので是非ご覧下さい。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)で使用するMT4(メタトレーダー4)のダウンロードやインストール・ログイン方法を画像付きで詳しく説明しています。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)で使用するMT5(メタトレーダー5)のダウンロードやインストール・ログイン方法を画像付きで詳しく説明しています。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の入金方法(国内銀行振込・クレジットカード・bitwallet・SticPay)を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の出金方法(国内銀行振込・クレジットカード・bitwallet・SticPay)を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)
XMTrading(エックスエム)の過去レート(USD/JPY日足4本値)を掲載しています。 2019年1月〜のレートを見れますので是非お役立て下さい。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)が配信しているFX動画ニュースを掲載しています。過去のニュース動画も観れますのでトレードにお役立て下さい。

≫この記事を読む