XMTrading(エックスエム)の追加口座開設方法・手順

XMTrading(エックスエム)の追加口座開設方法・手順

XMTrading(エックスエム)の追加口座開設方法・手順

XMTrading(エックスエム)

 

本ページは既にXMの口座を一つ以上お持ちの方を対象としています。
まだ口座をお持ちで無い場合は下記より新規口座開設を行なって下さい。

 

 

 

XMTradingで作る事ができる追加口座は7つ

XMTradingでは初回開設する口座以外に7つまで追加口座を開設する事が出来ます。(合計8つ)

 

3つある口座タイプを一つずつ開設しても良いですし、トレードスタイル(自動売買・スキャルピングなど)によって使い分けたりする事も可能です。

 

しかし、使わない口座をむやみに開設すると損をしてしまう可能性があるので、追加口座を作る前にその辺をお伝えします。

 

90日間取引を行なわないと休眠口座になる

XMTradingでは90日間無取引・入出金無しの状態が続くと休眠口座になってしまいます。

 

休眠口座になるとどうなるのかと言うと、口座残高から毎月$5USDが引かれていきます。

 

取引や入出金を行なうか、口座残高が$5未満になるまで引かれ続けていくというルールになっているのです。

 

口座残高が$5未満で90日が経過すると口座凍結

休眠口座になり、口座残高が$5未満になってから更に90日が経過すると口座が凍結され、その口座では二度と取引を行なう事が出来なくなります。

 

口座凍結されるとマイページにもMT4/5にもログイン出来なくなり、新しく口座を作り直すしかなくなるのです。

 

休眠口座になる前に対処するべき

口座凍結されるまで最短で180日あるので、それだけの期間使用しないという事は凍結されてもそれ程問題ではないかと思いますが、口座凍結よりも休眠口座時に引かれていく手数料が問題です。

 

この事を知らないで口座に資金を残し、放ったらかしにしてると毎月$5が減っていくのです。

 

ですから、むやみやたらに追加口座を作成してはいけません。

  • 使用する口座だけを開設する
  • 使用しなくなったら口座から資金を引き上げる

この2つを徹底するようにして下さい。(口座残高が空なら手数料は掛かりません)

 

それでは注意点が分かった所で追加口座開設手順を説明していきます。

 

XMTrading追加口座開設手順

まず初めに下記よりXMTradingマイページにログインして下さい。

 

 

 

XMTradingマイページにログインしたら「追加口座を開設する」ボタンをクリックします。

 

XMTrading

 

 

開いた画面で追加する口座タイプなどを選択します。

XMTrading

取引プラットフォームタイプ 「MT4」か「MT5」を選択して下さい。
口座タイプ 「スタンダード」「マイクロ」「XM Zero」の中から選択して下さい。
口座の基本通貨 「EUR」「USD」「JPY」の中から選択して下さい。
レバレッジ レバレッジを選択して下さい。(スタンダード・マイクロは最大888倍、XM Zeroは最大500倍まで)
口座ボーナス 「はい、ボーナスの受け取りを希望します。」を選択して下さい。
口座パスワード 半角小文字、半角大文字、半角数字を最低1字ずつ使用し、合計8〜15字でパスワードを設定して下さい。
確認 リスクや規約等に一通り目を通し同意する場合はチェックを入れて下さい。
リアル口座開設 全ての入力・選択を終えたらクリックして下さい。

 

 

「リアル口座開設」をクリックすると登録メールアドレスへメールが届きます。

 

XMTrading

 

 

これだけで追加口座の開設が完了となります。(住所などの個人情報は既に提出済みなので必要ありません)

 

続いて追加した口座へ他の口座から資金を移動させる手順をお伝えします。

 

 

口座間の資金移動方法

XMマイページトップにある「資金振替」を開きます。

 

XMTrading

資金移動元口座番号でマイページにログインを行なって下さい

 

「資金振替」を開いたら、資金移動先口座番号を選択、移動する金額を半角数字で入力し最後に「リクエスト送信」をクリックして下さい。

 

XMTrading

 

 

「リクエスト送信」をクリックすると資金移動が完了しこのような表示になります。

 

XMTrading

 

 

登録メールアドレスに「内部送金に関するお知らせ」のタイトルでメールが届くので確認して下さい。

 

XMTrading

 

 

あとはマイページあるいはMetaTraderにログインし間違いなく資金が移動された確認して下さい。

 

資金移動ではなく新たに資金を入金する方法

口座間の資金移動ではなく、新たに入金を行なう場合は下記の入金方法を参考にして下さい。

 

 

 

以上でXMTradingの追加口座開設手順の説明を終わります。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

 

FX(ドル)今日の予定・動向(2020年09月23日)

FRB議長はじめ、米要人による発言に要注意

<< 東京市場の動き >>

23日の東京市場は、ドルが小高い。今週初めには安値104円ちょうどを示現したものの、本日はそこから1円以上戻した105円台での推移となっている。

 

ドル/円は104.90-95円でオープンしたのち、しばらくは冴えない。104.80-00円といった低位揉み合いをたどるも、上抜けると日中高値である105.20円レベルまで一気に値を上げた。その後も105円台での強保ち合いとなり、ドルは底堅く推移。16時現在では105.10-15円で推移し、欧米時間を迎えている。
なお、そうしたなか豪ドルやNZドルといったオセアニア通貨が冴えない。豪ドル/円でいえば前日辛うじて維持した75円を割り込み、7月20日以来の安値圏、74.70円台まで下落する局面も。

 

一方、材料的に注視されていたものは、「英国情勢」と「米中の対立」について。
前者は、英中銀総裁から「経済を支援するために出来ることはすべて行う」などとした前向きな発言が聞かれるなか、コロナ感染者の急増が改めて示されるとポンドの弱材料に。また、ジョンソン首相から「新型コロナに関する声明」が発表され、そのなかで「完全なロックダウン(都市封鎖)に戻るわけではない」としつつも、「新型コロナの制限措置は6ヵ月続く公算が大きい」としたややネガティブな発言も聞かれ、失望を口にする市場筋も少なくなかった。

 

対して後者は、状況が二転三転するTikTokをめぐる動きについて、中国共産党系の新聞である環球時報は「米国の『強奪』に反対する」と表明したうえで、「中国政府が承認する可能性は低い」との見方を開陳。一方、それとは別に国連総会における演説を舞台に、米中首脳の激しいやり合いが観測され物議を醸す。トランプ米大統領が新型コロナについて、「中国ウイルス」と連呼しただけでなく、「国連は中国に責任を取らせなければならない」と述べた反面、習中国国家主席は「コロナを政治問題化するな」と発言。さらに、「汚名を着せる試みに反対しなければならない」とトランプ氏の試みを一蹴している。

 

<< 欧米市場の見通し >>

米ジョンズ・ホプキンス大学の調査で、新型コロナの死者数は世界全体において96万人を超え、いよいよ100万人という数字も現実味を帯びてきた。うち5分の1、つまり20万人は米国における死者であり、感染が終息する気配に乏しい。また、状況は欧州についてもほぼ同じ。前述したように、英国がコロナ再拡大を懸念し、「ロックダウン」に踏み切ったほか、ドイツやフランスなどでもコロナが再び政治問題となりつつある感を否めない。感染抑制と経済活動という相反するものに、どう折り合いをつけるのか欧米各国の政策対応が注視されている。

 

材料的に見た場合、「米中の対立」やそれだけにとどまらない「中国情勢」、「北朝鮮情勢」、「英国情勢」、「イラン情勢」、「新型コロナウイルスとワクチン開発」、「米大統領選」、「菅新首相誕生と日本の政局」、「ベラルーシ情勢」、「毒殺未遂事件を中心としたロシア情勢」など注目要因は依然として目白押し。そうしたなか、今週は週間を通して米通貨当局者などによる発言機会が多く、要注意と目されていたが、本日もパウエルFRB議長の新型コロナに関する議会証言をはじめ、地区連銀総裁らによる講演が目白押しだ。昨日、エバンス・シカゴ連銀総裁の発言が好感されたような展開が本日も起こらないとは限らない。

 

テクニカルに見た場合、今週初め104円ちょうどまで一時下落していたドル/円だが、足もとは105円台で推移している。下値トライが失敗したというのは早計ながら、一旦仕切り直しになったことは間違いなさそう。若干ワイドだが、しばらくは104.00-106.50円といったなかで、再び次の方向性をうかがう展開をたどる可能性もある。

 

一方、本日は、9月の製造業PMI速報といった米経済指標が発表される予定となっている。ここ最近発表される米経済指標はまだら模様で決め手に欠ける状況下、本日の指標についても注視している向きは少なくないようだ。
そのほか、米財務省による5年債の入札や、先で取り上げたようにFRB議長をはじめとする講演などにも一応要注意。

 

そんな本日欧米時間のドル/円予想レンジは104.50-105.50円。短期のテクニカルポイントにあたる本日東京高値にあたる105.20円レベルが最初の抵抗。上抜ければ、移動平均の21日線が位置する105.70円レベルが次のターゲットに。
対するドル安・円高方向は、104.30-40円の攻防がまずは注目されており、下回ると直近安値104円ちょうどが再び視界内に捉えられかねない。

 

引用元:FX羅針盤

XMTrading(エックスエム)の関連ページ

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の口座開設方法を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。誰でも分かるように書きましたのでまだ口座開設していない方はご活用下さい。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)

レバレッジ888倍でボーナスが豪華なXM Trading(エックスエムトレーディング)の追加口座口座開設方法・手順を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)

XM Trading(エックスエム)の口座タイプ(種類)について詳しく説明します。それぞれの口座タイプの違いや確認方法・変更方法なども解説します。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の3種類のボーナス(口座開設ボーナス・入金ボーナス・ロイヤルティポイントボーナス)について詳しく説明をしています。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)のレバレッジについて説明をしています。口座タイプによるレバレッジの違いやレバレッジ制限についても書いています。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の強制ロスカットやゼロカットについて説明をしています。トレードをする上で非常に大事な部分ですので是非ご覧下さい。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)で使用するMT4(メタトレーダー4)のダウンロードやインストール・ログイン方法を画像付きで詳しく説明しています。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)で使用するMT5(メタトレーダー5)のダウンロードやインストール・ログイン方法を画像付きで詳しく説明しています。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の入金方法(国内銀行振込・クレジットカード・bitwallet・SticPay)を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の出金方法(国内銀行振込・クレジットカード・bitwallet・SticPay)を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)
XMTrading(エックスエム)の過去レート(USD/JPY日足4本値)を掲載しています。 2019年1月〜のレートを見れますので是非お役立て下さい。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)が配信しているFX動画ニュースを掲載しています。過去のニュース動画も観れますのでトレードにお役立て下さい。

≫この記事を読む