GEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座開設方法・手順

 

 

GEMFOREXのキャンペーン(現在開催中)

新規口座開設で20000円のボーナスが貰える!
入金額の100%がボーナスとして貰える!

 

期間は2019年6月15日(土)0時〜 2019年6月25日(火)23時59分59秒まで

 

 

GEMFOREXの詳細(スペック)

最初にこちらでGEMFOREXの詳細(スペック)を確認し、どのタイプの口座を開設するか決めておくと良いでしょう。

オールインワン口座・ノースプレッド口座

項目 オールインワン口座 ノースプレッド口座
レバレッジ 1000倍 1000倍
通貨ペア数 37通貨ペア 37通貨ペア
手数料 無料 無料
プラットフォーム MT4 MT4
約定方式 ECN ECN

最小スプレッド
(USD/JPY)

1.2pips 0.0pips

平均スプレッド
(USD/JPY)

1.2pips 0.3pips
ゼロカットシステム あり あり
ロスカット水準 証拠金の50%以下 証拠金の50%以下
最小取引ロット 0.01ロット 0.01ロット
最大取引ロット 30ロット 30ロット
最大ポジション数 -
最低入金額 1ドル〜 3000ドル〜
入金方法 クレジットカード、国内銀行振込、Bitwallet、Bitcoin
出金方法 海外送金、Bitwallet、Bitcoin
ボーナス 口座開設ボーナス、入金ボーナス
日本語サポート あり あり

 

どの口座タイプにするか決まったら早速口座開設手続きを行ないましょう。

 

ここからGEMFOREXの口座開設方法を説明して行きます。

 

 

GEMFOREXの口座開設方法

まず下記のリンクボタンを開きGEMFOREXの口座開設ページへ移動します。

 

 

口座開設ページを開くと下記のような画面になるので必要事項を入力していきます。

 

必要事項の入力

 

 

GEMFOREX口座開設ページ@

 

口座タイプ

日本円オールインワンUSDオールインワン日本円ノースプレッドUSDノースプレッドの4種類から選択出来ます。
日本円かUSDかについては円建て口座にするか、ドル建て口座にするかの違いになります。
オールインワンとノースプレッドに関してはスプレッドの違いや使用方法にが変わるので詳しくはこちらをご覧下さい。

 

登録種別

個人口座・個人事業主口座・法人口座の3つの内該当するものにチェックを入れて下さい。

 

お名前

ローマ字で名前を入力します。
例)Taro Yamada

 

メールアドレス

GEMFOREXに登録するメールアドレスを入力して下さい。

 

 

 

全て入力したら私はロボットではありませんにチェックを入れ、表示される画像の質問に答えると口座開設というボタンが現れるのでボタンを押します。

 

そして入力した内容を確認し内容送信ボタンを押せば完了です。

 

メールの確認とログイン

 

 

次にGEMFOREXマイページへのログイン方法を説明していきます。

 

内容送信ボタンを押すと登録したメールアドレスへGEMFOREXから登録完了通知が送られてきます。

GEMFOREXメール画面

 

メール内のマイページログインはこちらからというボタンを押してログインページを開きます。(上記画像矢印部分)

 

開くと登録メールアドレスとパスワードを入力する画面になるのでそれぞれ入力します。(パスワードは登録完了通知内に記載されています)

 

ログインするとこのような画面になります。

GEMFOREXマイページ

トレードを始める際はこのページ内から入金や出金などを行ないます。

 

本人確認書類の提出

 

 

続いてGEMFOREXの本人確認書類の提出について説明していきますが、実はGEMFOREXは本人確認書類を提出しなくてもトレードを開始出来ます。

 

ですのでこの段階でも入金をすればトレードを始められます。

 

しかしながら、いずれどこかのタイミングで本人確認書類を提出しなければいけません。それは出金する時です。

 

GEMFOREXは「入金やトレード自体は本人確認書類がなくても行なえますけど、稼いだ利益分を出金する時は本人確認書類が無いと駄目ですよ」というスタンスです。

 

いずれ提出するなら面倒なので一緒にやってしまった方が良いと思いますので説明していきますが、もう一つこの段階で本人確認書類を提出した方が良い理由があります。

 

それは本人確認書類を提出しないと口座開設ボーナスが受け取れないからです。

 

GEMFOREXは定期的に口座開設のボーナスキャンペーンを行なっていますが、1万円〜3万円と結構ボーナスが良いんです。

 

ですから口座開設ボーナスが欲しい方は、この段階で本人確認書類を提出した方が良いのです。

 

ではGEMFOREXの本人確認書類提出方法を説明していきます。

 

先程GEMFOREXから登録完了通知が来るとお話ししましたが、そのあとに口座開設完了のご案内メールが届きます。

GEMFOREXメール画面@

メール内上部にはメタトレーダー4にログインする為の口座情報が記載されています。

 

メールを少し下にスクロールすると新規口座開設ボーナスの受取についてという箇所が見付かると思います。(下記画像参照)

GEMFOREXメール画面A

この項目内に必要書類のご提出とあるので開きます。

 

この開いたページにGEMFOREXで必要な本人確認書類を確認する事が出来ます。

 

GEMFOREXでは3種類の本人確認書類が必要になります。

身分証明証 住所証明書 IDセルフィー
運転免許証、パスポートなど 公共料金領収書、クレジットカード明細書など 身分証明証と本人が一緒に写っている写真

 

身分証明証と住所証明書に関しては他のFX会社の口座開設した事がある方なら慣れていると思いますが、GEMFOREXではIDセルフィーが必要になります。

 

IDセルフィーとは要するに身分証明証に記載されている顔と、今書類を提出している人間の顔が同じかを確認する為のもので近頃海外FX会社やオンラインカジノで採用され始めています。

 

ちょっと面倒臭いですけど、誰かに撮影してもらうか自撮り棒を使うかして撮影して下さい。

 

3種類の書類が準備出来たらアップロードしていきます。

 

アップロードはGEMFOREXマイページから行ないますのでもう一度マイページに戻って下さい。

 

 

マイページトップ画面を下にスクロールすると各種ID/生年月日入力という項目があります。

GEMFOREXID・身分証

まずはここに提出する身分証(免許証やパスポート)の番号と生年月日を登録します。(入力したら登録ボタンを押します)

 

各種ID/生年月日入力の登録が終わったら、その下にあるファイルのアップロードから3種類の本人確認書類を選択し、全ての選択が終わったらアップロードボタンを押せば完了となります。

GEMFOREXアップロード画面

 

後はGEMFOREXの方で本人確認書類をチェックし問題が無ければGEMFOREXの口座開設が完全に完了します。

 

※万が一書類に不備があった場合はGEMFOREXからその旨の連絡があるので指示に従って再度アップロードを行なって下さい。

 

 

以上でGEMFOREXの口座開設手順の説明を終わります。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

このページは2019/01/06に作成している為、現在と口座開設手順が違う可能性があります。

大きな違いはないかと思いますがその点ご理解頂けると幸いです。

 

 

 

GEMFOREXの関連ページ

GEMFOREXの入金方法
GEMFOREXの入金方法(クレジットカード・銀行振込・Bitwallet・bitcoin)を画像付きで説明しているので口座開設が完了したらご覧下さい。

 

GEMFOREXの出金方法
GEMFOREXの出金方法(海外送金・ビットコイン・Bitwallet)を画像付きで説明しているので出金する際にご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GEMFOREXの必要証拠金とスワップポイント

主要通貨の必要証拠金とスワップポイント(2019/06/15時点)

通貨ペア スタンダード・ノースプレッド口座必要証拠金 買いスワップポイント 売りスワップポイント
USD/JPY 1,085円 0.213 0.287
EUR/JPY 1,216円 -1.50 -1.20
GBP/JPY 1,365円 0.14 -3.78
AUD/JPY 745円 2.22 -8.38
NZD/JPY 704円 5.81 -11.70
EUR/USD 1,216円 0.247 0.253
GBP/USD 1,365円 -1.90 -4.50
EUR/GBP 1,216円 -3.64 -0.44
USD/ZAR 1,085円 1.00 1.21
USD/TRY 1,085円 -65.90 30.80
  • 必要証拠金は10000通貨に対しての金額です。
  • 必要証拠金は小数点を切り捨てて掲載しています。
  • スタンダード・ノースプレッド口座ともにレバレッジ1000倍での計算です
  • スワップポイントはGEMFOREX公式サイトで公表している数字です。
  • 当方が調べた時点での金額なので現在の金額とは異なります。

 

 

FX(ドル)今日の予定・動向(2019年06月20日)

ドル円 一時6月安値割り込む、リスクはドル安方向

<< 東京市場の動き >>

20日の東京市場は、ドル安・円高。しかも、「寄り付き高・大引け安」の様相で、ドルの弱さが目についた。

 

ドル/円は108.05円前後で寄り付いたのち、しばらく揉み合い。その過程で日中高値の108.15円レベルを示現したものの、推移していた揉み合い圏を底割れすると、6月以降のドル安値107.80円も下回り107円半ばへ。一時持ち直したがすでにドルの上値は重い。終盤になり再び弱含むと、107.45-50円へ。16時時点では107.60円前後で推移し、欧米時間を迎えている。
なお、仮想通貨ビットコインは、レベルこそ違うが前日の写真相場といった様相。未明の9050ドルレベルを安値に、東京タイムはじり高推移。9350ドル手前まで、300ドル近い上昇が観測されていた。

 

一方、材料的に注視されていたものは、「日米金融政策」について。
米国は注目のFOMCで、「政策金利は現行水準で据え置き」とされたが、これは予想通り。しかし、声明において「19年の想定利上げ0回」、「8人が年内利下げを予想」−−などと指摘したうえ、パウエルFRB議長が会見で「利下げは適切だと多くの参加者は考えている」、「利下げの決定の前に状況を確認したい」と発言、利下げ実施に踏み込んだとの見方から、為替市場はドル売り・円買いの反応に。それに対して、日本サイドは「日銀が金融政策の現状維持を決定」したほか、黒田日銀総裁から「追加緩和の手段はさまざまな手段がある」、「現在の強力な緩和を粘り強く続けていくことが適当」との発言が聞かれていた。
そのほか単発モノとして、米USTR代表「対日農業交渉の早期合意を望む」、ロイター「G20前に米中閣僚級会合へ、首脳会談に先立ち通商協議」、「中国の習国家主席、北朝鮮に向けて出発」、中国国営紙「米国との貿易問題、来週の首脳会談で解決見込めず」、トランプ米大統領「中国、ロシアと良好な関係を持つことが重要」−−とする発言や報道が観測されている。

 

<< 欧米市場の見通し >>

昨日NY時間のFOMCを受けて、ドル/円は108円割れ。しかし、6月安値の107.80円を下回ることはなく、一抹の底堅さもうかがえたが、本日東京で同レベルを割り込み、107円半ばまで値を崩してきた。テクニカルには、ようやくレンジを下放れてきたこともあり、ドルの続落を予想する声が少なくない。そのターゲットは年初来安値104.10円を起点とした上昇幅に対するフィボナッチ61.8%戻しの107.25-30円となりそうだ。
材料的に見た場合、「北朝鮮」や「タンカー攻撃問題を含めたイラン情勢」のほか「米貿易問題」、「米利下げ観測」、「英政治情勢」など継続案件は依然として多い。そうしたなか、「米利下げ観測」については、前述したとおりで、引き続きドルの弱材料として寄与する公算が大きい。また、FOMCが「力強い労働市場」を見込んでいることで、来月初めに発表される米雇用統計の内容如何では、さらに利下げ観測が高まるとの指摘も聞かれていたし、それ以外の米経済指標の内容にも要注意だ。

 

テクニカルに見た場合、東京時間に6月安値の107.80円を下回ると、107.45-50円へ。レンジ下限を割り込んできたことで、ドルの続落が懸念されている。ドルの下値メドは、まず107.25-30円であり、仮に同レベルを下回るとドルの下値余地がさらに拡大しかねない状況になる可能性もある。
対するドルの抵抗は、取り敢えず本日東京高値に近い108.10円レベル。いずれにしても、ドルの上値が徐々に切り下がっている感を否めない。

 

一方、材料的に見た場合、6月のフィラデルフィア連銀景況指数など幾つかの米経済指標が発表される予定で、その内容が注視されている。
ほかにも、いわゆる米国ファクターの注目材料は多いが、習国家主席訪朝を受けて実施される「中朝首脳会談」や、ここから先はサプライズなどなさそうだが、それでも実施される「4度目の英保守党党首選」の行方などにも一応要注意。

 

そんな本日欧米時間のドル/円予想レンジは、107.30-108.50円。ドル高・円安方向は、本邦実需筋のオファーが並び始めているとされる108円前後が最初の抵抗。抜ければ108.10円レベル、108.70円前後などを目指す。
対するドル安・円高方向は、本日東京で示現した安値107.45-50円の攻防に注視。割り込めば107.25-30円がターゲットに。

 

引用元:FX羅針盤

トップへ戻る