XMTrading(エックスエム)のレバレッジについて

XMTrading(エックスエム)

 

当サイトにてXMTradingの詳しい口座開設手順を画像付きで説明しておりますので口座開設をされたい方は参考にして頂ければ幸いです。

 

 

何と言ってもXM Tradingの最大の特徴・メリットは最大888倍というレバレッジです。

 

ご存知のように日本国内のFX会社・証券会社では法律でレバレッジが最大25倍と定められています。

 

更に近々10倍まで引き下げられるという噂も出ました。(とりあえず見送られたようですが)

 

 

かつては日本もレバレッジが高かった

最近FXを始められた方はご存じないかもしれませんが日本のFX会社・証券会社でもかつてはレバレッジ200倍や400倍で取引が行なえていたのです。

 

私もFXを始めて10年以上経ちますが、始めた当初はレバレッジ200倍の口座で取引をしていました。

 

現在も日本国内のFX会社をメインで使用していますが、ここ数年で海外のFX会社も利用するようになりました。

 

私の現在のスタンスと言うか将来的な考えとしてはハイレバレッジの海外FX会社で資金を短時間で増やし、その利益を日本国内のFX会社・証券会社に回してトレードを行なおうと思っています。

 

要するに、ハイレバレッジの海外口座で多少リスクの高いトレードを行なって、大きな利益を得たら国内のFX会社・証券会社にてリスクの低い安定したトレードを行なうという事です。

 

それに、国内のFX会社で取引するのと海外のFX会社で取引するのとでは、税金が全く違いますから、稼げる金額が大きくなったら国内のFX会社にどんどん移して行きたいですね。

 

 

国内のレバレッジ25倍とXMの888倍はこんなに違う!

では実際に日本国内のFX会社・証券会社のレバレッジ25倍とXMの888倍ではどれくらい違うのか実際の金額でお伝えします。

 

必要証拠金(1ドル110円、1ユーロ120円、1ポンド140円計算)

レバレッジ ドル円 ユーロ円 ポンド円
25倍 44000円 48000円 56000円
100倍 11000円 12000円 14000円
200倍 5500円 6000円 7000円
500倍 2200円 2400円 2800円
888倍 1240円 1350円 1575円

※10000通貨の取引に必要な証拠金です。

 

これを見ても分かるように日本国内のFX会社・証券会社で大きな利益を得ようとするとある程度の纏まった資金が必要になりますが、XMTradingなどの海外FX会社であれば少ない資金で大きな利益を得られるのです。

 

少ない資金で大きな利益を得るならばハイレバレッジの海外FX会社を使った方が良いというのが分かると思います。

 

 

レバレッジ制限について

ここまでレバレッジ888倍を強調してきましたが、実は口座に入っている有効証拠金によってレバレッジ制限があります。

有効証拠金 最大レバレッジ
〜200万円 888倍
200万円〜1000万円 200倍
1000万円〜 100倍
  • 有効証拠金〜200万円までレバレッジ888倍
  • 有効証拠金200万円〜1000万円までレバレッジ200倍
  • 有効証拠金1000万円以上はレバレッジ100倍

ご覧のように有効証拠金200万円までは888倍のレバレッジになり、200万円以上は200倍、1000万円以上は100倍と段階的に引き下げられてしまいます。

 

では200倍、100倍になると必要な証拠金がどれくらいになるか見てみましょう。

 

必要証拠金(1ドル110円、1ユーロ120円、1ポンド140円計算)

レバレッジ ドル円 ユーロ円 ポンド円
25倍 44000円 48000円 56000円
100倍 11000円 12000円 14000円
200倍 5500円 6000円 7000円
888倍 1240円 1350円 1575円

※10000通貨の取引に必要な証拠金です。

 

888倍と比べると200倍、100倍は物足りなくなってしまいますが、日本国内のFX会社が25倍という事を考えれば4分の1の証拠金でトレードが出来ます。

 

当然ですが、有効証拠金が200万円以下であれば888倍でトレードが出来る訳ですから、200万円を超えそうになったら出金をして常に200万円以下を維持するという事も可能ですよね。

 

しかしながら、これまでは手数料無料でbitwalletへ利益分を出金出来ていましたが、2019年4月より利益分の出金が行なえなくなりました。

 

そして、もう一つの手数料無料だったSticPayも2019年6月より利益分の出金が行なえなくなりました。

 

こういう状況ですので、有効証拠金を調整するには中継銀行手数料2000円〜4000円程度を支払って海外送金で出金するしかありません。

 

レバレッジ制限を解除するには?

一度有効証拠金が200万円・1000万円を超えてレバレッジ規制された後に基準値を下回った場合、自動ではレバレッジ規制は解除されません。

 

こちらからXMTradingのサポートに基準値を下回った旨の連絡しなければ、ずっとレバレッジ規制されたままです。忘れずに連絡しましょう。

 

レバレッジ規制のタイミングは全口座タイプ共通

スタンダード口座・マイクロ口座は最大レバレッジが888倍ですが、XM Zero口座の最大レバレッジは500倍です。

 

しかし、どちらも有効証拠金が200万円を超えると200倍に、1000万円を超えると100倍に同じタイミングで規制されます。

 

 

XM証拠金計算機

最後になりますがXMTradingさんの方に必要証拠金を計算出来るツールがありますのでご紹介しますね。

 

取引ロットやレバレッジを入力すると必要証拠金が分かりますので是非ご活用下さい。

 

まだXMTradingの口座をお持ちで無い方は下記から口座開設できます。

 

 

 

FX(ドル)今日の予定・動向(2019年08月21日)

レンジ内での乱高下続くか、要人発言に注意

<< 東京市場の動き >>

21日の東京市場は、ドルが小高い。値動きそのものは決して大きくなかったが、「寄り付き安・大引け高」の展開で、変動以上にドルの強さが目についた。

 

ドル/円は寄り付いた106.20円前後を日中安値に小じっかり。一時106.55-60円レベルまで上昇している。NYダウ先物が小幅高で推移したうえ、日経平均株価は結局マイナス圏で大引けたものの、寄り付きからすると下げ幅を大きく縮小させており、ドル買い・円売りの支援要因になっていたという。
途中で若干の下押しが入る局面もあったが、終盤にかけて再び盛り返すと16時時点では106.55-60円で推移、欧米時間を迎えていた。

 

一方、材料的に注視されていたものは、「欧州情勢」と「米要人発言」について。
前者は、「イタリアのコンテ首相が辞意を表明」し、昨年6月に誕生した連立政権はわずか1年程度で幕を下ろすこととなった。そうしたなか、メルケル独首相が英国情勢について「バックストップに関して現実的な解決方法を探る必要がある」などと発言したのち、「ブレグジット合意に関しては再交渉の必要は無い」との見解を示すなど、発したコメントがポンド相場を攪乱させていた感も否めない。また、後者との関連でいえば、EU大統領が「英首相の離脱協定再交渉要求を拒絶」し、ポンド売りに寄与していたようだ。ほかに、前日聞かれたトランプ米大統領による「グリーンランド買収」発言を受けた動きとして、9月上旬のトランプ氏のデンマーク訪問中止も話題に。

 

それに対して後者は、トランプ氏およびポンペオ国務長官からの発言が多く観測され、市場の俎上にのぼっていたようだ。一例を挙げると、トランプ氏からは「金融当局は時間をかけて100bpの利下げをするべき」、「減税の可能性を常に検討」、「ロシアをG7に再度組み入れることが適切」など。またポンペオ長官からは「ファーウェイは安保上の脅威」、「米中貿易戦争は20年の大統領選までに解決可能」、「北朝鮮との協議は平坦な道のりでない」−−との発言が聞かれていた。

 

<< 欧米市場の見通し >>

値動きそのものは観測されているものの、あくまでもレンジ内での上下動。実際、今週ここまでの値動きは106.15-70円といったもので、期間を少し延ばして過去1週間程度と考えても105.60-107.00円に過ぎない。いずれにしても、明確な方向性は乏しい状況だ。週末に予定されている「FRB議長のジャクソンホール講演」をにらみつつも、上下どちらに抜け行くのか次の方向性が注視されている。
材料的に見た場合、「北朝鮮情勢」や「イラン情勢」、「米貿易問題」、「米金融政策」など注目要因が多いなか、ともかく気になるのは前述したように、トランプ氏を筆頭に閣僚なども含めた米要人の発言の多さ。しかも、意図してなのかどうなのか、結果として発言が相場の波乱要因となることも少なくない。本日も発言内容によっては、再び相場が上下に振れる展開がありそうだ。

 

テクニカルに見た場合、ごく目先的には106.15-70円のレンジ取引。まずは、足もとの狭いレンジを上下どちらに放れていくのか、その方向性が注視されている。ただ、どちらに抜けても、もう少し上下をワイドにとった105.60-107.00円という大きなレンジのなかにはとどまりそう。しっかりとした、次の方向性が示されるのは、いま少し先のことになるとの指摘も聞かれていた。

 

一方、材料的に見た場合、7月の中古住宅販売件数という米経済指標が発表されるほか、7月末に実施されたFOMCの議事録要旨が公開される予定となっている。なかでも後者について、9月を含めた先行きの利下げスケジュールや回数などの見通しを注視している向きは少なくない。
また、22日まで実施される「日米貿易交渉の閣僚協議」の行方にも注目。9月合意に向けた進展がみられるのか、市場の期待感も大きいものがあるようだ。

 

そんな本日欧米時間のドル/円予想レンジは、106.10-107.00円。ドル高・円安方向は、直近で少なくとも2度上げ止まった今週高値106.70円レベルの攻防にまずは注視。ただ、上抜けても106.78円、107円など抵抗は多く上値は重そう。
対するドル安・円高方向は、今週のドル安値である106.15-20円が最初のサポートで、割り込むようだと106円割れトライも否定できない。しかし、105円台後半にはテクニカルポイントも多く、大きく崩れるイメージに乏しい。

 

引用元:FX羅針盤

XMTrading(エックスエム)の関連ページ

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の口座開設方法を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。誰でも分かるように書きましたのでまだ口座開設していない方はご活用下さい。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の入金方法(国内銀行振込・クレジットカード・bitwallet・SticPay)を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の出金方法(国内銀行振込・クレジットカード・bitwallet・SticPay)を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。

≫この記事を見る

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)のMT4・MT5のダウンロード方法やインストール方法、ログイン方法を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の3種類のボーナス(口座開設ボーナス・入金ボーナス・ロイヤルティポイントボーナス)について詳しく説明をしています。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の強制ロスカットやゼロカットについて説明をしています。トレードをする上で非常に大事な部分ですので是非ご覧下さい。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の過去レート(USD/JPY日足4本値)を掲載しています。 2019年1月〜のレートを見れますので是非お役立て下さい。

≫この記事を読む

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)が配信しているFX動画ニュースを掲載しています。過去のニュース動画も観れますのでトレードにお役立て下さい。

≫この記事を読む

トップへ戻る