XMTrading(エックスエムトレーディング)の口座開設方法

SticPay(スティックペイ)の口座開設方法・手順

SticPay(スティックペイ)の口座開設方法・手順

SticPay(スティックペイ)

 

SticPayの口座開設手順@ 必要事項の入力

まずは下記からSticPay公式サイトを開きます。

 

 

SticPay(スティックペイ)

SticPay(スティックペイ)

 

SticPay公式サイトを開くと上記画像の画面になるのでSTICPAY口座開設と書かれたボタンをクリック・タップします。

 

STICPAY口座開設を開くと下記画面になるので必要事項を入力していきます。

 

SticPay(スティックペイ)

SticPay(スティックペイ)

 

メールアドレス

SticPayに登録するメールアドレスを入力して下さい。

 

名前・苗字

半角ローマ字で氏名を入力して下さい。
例)名前:Taro、苗字:Yamada

 

生年月日

自分の生年月日を選択して下さい。
入力ボックスの右側にあるカレンダーマークを押せば西暦から順に選択が可能です。

 

パスワード

パスワードを設定しますが、小文字、大文字、数字を最低1つ以上含まなければいけません。
例)Aa1234

 

国名

日本にお住いの場合はそのままJapanを選択して下さい。

 

通貨

円建て口座が良い場合はそのままJPYを選択して下さい。

 

 

 

全ての入力・選択を終えたらページ最下部にある次へを押します。

 

SticPayの口座開設手順A SMS(ショートメール)認証

次の画面は下記画像の通り、SMS(ショートメール)認証になるのでSMS(ショートメール)が受け取れる携帯電話番号を入力してSend SMSを押します。

入力する携帯電話番号の先頭の【0】は入力しませんのでご注意下さい。

 

SticPay(スティックペイ)

 

SMS(ショートメール)内に4桁の数字が記載されているので、その数字を下記画像の赤で囲ったボックスに入力し、横にあるValidate codeを押して下さい。

 

SticPay(スティックペイ)

 

認証されると下記の画面になるので送信ボタンを押します。

 

SticPay(スティックペイ)

 

これでSticPayの口座開設は完了です。

 

しかし本人確認を行なわないと利用が制限され、全ての機能が使えないので、ここからは本人確認書類の提出方法を説明します。

 

SticPayの口座開設手順B 本人確認書類の提出

まずはSticPayのマイページにログインします。

 

 

SticPay(スティックペイ)

 

メールアドレス・パスワード・生年月日を入力してログインを押します。

認証コードは空欄でOKです。

 

ログインすると下記の画面になりますが、メニューにある書類を押すと口座と書かれた項目が現れるので開いて下さい。

 

SticPay(スティックペイ)

SticPay(スティックペイ)

 

開いた画面内から必要書類をアップロードしますが、まずは提出可能な書類をお伝えします。

 

SticPay(スティックペイ)に提出可能な本人確認書類
身分証明書 居住証明書
運転免許証、マイアカウント、パスポート、写真入り住基カード などの顔写真付き証明書1点 公共料金の領収書、納税証明書、住民票、クレジットカードや銀行明細書などの住所、氏名、発行日(3ヶ月以内)の確認出来る証明書1点

それぞれ1点が必要になります。

 

SticPay(スティックペイ)

SticPay(スティックペイ)

 

アップロード

身分証明書・居住証明書それぞれ1点ずつアップロードして下さい。

 

住所の入力

提出する身分証明書・居住証明書と同じ住所をローマ字で入力して下さい。
ローマ字での住所の書き方が分からない方はこちらのサイトが便利ですのでご利用下さい。

 

 

 

アップロードと住所の入力を終えたら規約の同意にチェックを入れて送信ボタンを押して下さい。

 

送信ボタンを押すとSticPayからお客様のSTICPAYアカウントは審査中です。のタイトルでメールが届きます。

 

SticPay(スティックペイ)

 

1〜2日で審査が完了しますので暫くお待ち下さい。

 

承認されると下記のメールが届きます。(私の場合は書類の提出から2時間程度でメールが来ました。)

 

SticPay(スティックペイ)

 

本人確認書類が受理されれば海外FX会社などと送金のやり取りが行なえるようになります。

 

マイページにログインしてみると、下記の通り全て承認に表示が変わっていました。

 

XMTrading

 

もし書類に不備などがあればSticPayからその旨の連絡があると思いますので指示に従い再度提出して下さい。

 

以上でSticPayの口座開設手順の説明を終わります。最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

XMTradingの口座開設手順

当サイトにてXMTradingの詳しい口座開設手順を画像付きで説明しておりますので口座開設をされたい方は参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

SticPay(スティックペイ)の関連ページ

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)の口座開設方法を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。誰でも分かるように書きましたのでまだ口座開設していない方はご活用下さい。 

≫この記事を見る

bitwallet(ビットウォレット)

bitwallet(ビットウォレット)の口座開設方法を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。誰でも分かるように書きましたのでまだ口座開設していない方はご活用下さい。 

≫この記事を見る

LandFX(ランドFX)

LandFX(ランドFX)の口座開設方法を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。まだ口座開設していない方はご活用下さい。

TitanFX(タイタンFX)

TitanFX(タイタンFX)の口座開設方法を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。まだ口座開設していない方はご活用下さい。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座開設方法を画像付きで分かりやすく細かく説明をしています。まだ口座開設していない方はご活用下さい。

XMTrading(エックスエム)

XMTrading(エックスエム)が配信しているFX動画ニュースを掲載しています。過去のニュース動画も観れますのでトレードにお役立て下さい。

≫この記事を読む