TitanFX(タイタンFX)の口座開設方法・手順

 

 

TitanFXの詳細(スペック)

最初にこちらでTitanFXの詳細(スペック)を確認し、どのタイプの口座を開設するか決めておくと良いでしょう。

スタンダード口座・ブレード口座

項目 スタンダード口座 ブレード口座
レバレッジ 500倍 500倍
通貨ペア数 70通貨ペア 70通貨ペア
手数料 無料 無料
プラットフォーム MT4 MT4
約定方式 STP ECN

最小スプレッド
(USD/JPY)

0.5pips 0.0pips

平均スプレッド
(USD/JPY)

1.33pips 0.33pips
ゼロカットシステム あり

あり

ロスカット水準 証拠金の20%以下 証拠金の20%以下
最小取引ロット 0.01ロット 0.01ロット
最大取引ロット 100ロット 100ロット
最大ポジション数 200ポジション 200ポジション
最低入金額 200ドル〜 200ドル〜
入金方法 クレジットカード、海外送金、Bitwallet
出金方法 クレジットカード、海外送金、Bitwallet
ボーナス なし
日本語サポート あり

 

どの口座タイプにするか決まったら早速口座開設手続きを行ないましょう。

 

ここからTitanFXの口座開設方法を説明して行きます。

 

 

TitanFXの口座開設方法

まず下記のリンクボタンを開きTitanFXの口座開設ページへ移動します。

 

 

口座開設ページを開くと下記のような画面になるので必要事項を入力していきます。

 

個人情報の入力

 

 

TitanFX口座開設ページ@

TitanFX口座開設ページA

TitanFX口座開設ページB

 

苗字・下の名前

ローマ字で氏名を入力します。

 

生年月日

生年月日をプルダウンから選択します。

 

Email

登録するメールアドレスを入力します。(携帯キャリアのアドレスは利用出来ません)

 

電話番号

日本にお住いの場合は【+81】の後に電話番号を入力しますが、先頭の【0】は入力しません。
例)090-××××-××××の場合は【+8190××××××××】となります。

 

郵便番号

ハイフンなしで郵便番号を入力し、横にある住所自動入力を押します。

 

都道府県・市区町村・それ以降の住所

郵便番号の項目で住所自動入力を押した場合は都道府県と市町村まで入力されているのでそれ以降の住所を手動で入力します。

 

居住国

日本に住んでいる場合はプルダウンボックスからJapanを探し選択します。

 

 

 

全ての入力を終えたらページ右下にある次へを押して下さい。

 

次のページに移ります。

 

パスワードの設定

 

 

TitanFX口座開設ページC

TitanFX口座開設ページD

 

秘密の質問・答え

プルダウン内に幾つか質問があるのでその中から一つ選び、その回答を答えの欄に入力します。

 

クライアントキャビネットパスワード

パスワードを設定します。
6文字以上の半角英数字で最初と最後は大文字、記号を1つ入れなければいけません。
例)A1234&A

 

 

 

入力を終えたら次へを押して下さい。

 

次のページは取引口座の設定になります。

 

口座内容の選択

 

 

TitanFX口座開設ページE

 

口座タイプ

StandardとBladeのいずれかを選択します。

 

口座基本通貨

円建て口座が良い場合はJPYを選びます。

 

レバレッジ

レバレッジ無しから500倍まで選べるので選択します。

 

 

 

入力を終えたら次へを押して下さい。

 

次のページは規約等の確認になります。

 

規約の確認

 

 

TitanFX口座開設ページF

 

4つの確認事項があるので目を通し理解が出来たらチェックボックスにそれぞれチェックを入れて、私はロボットではありませんにチェックし、最後に送信ボタンを押せば完了です。

 

メールの確認

 

 

この時点でTitanFXから口座開設の最終ステップ〜というタイトルのメールが登録アドレスに届くのでそのメールを開きメール内にあるMT4口座開設というボタンを押して下さい。(下記画像矢印部分)

 

TitanFXメール画面

 

MT4口座開設ボタンを押すと別窓でTitanFXのログイン画面が現れるので登録メールアドレスと自分で設定したパスワードを入力してログインします。

 

本人確認書類の提出

 

 

TitanFXクライアントキャビネット画面

 

ログインする上記画像の画面になりますので矢印部分の個人情報設定・本人確認・カード登録を開いて下さい。

 

TitanFX本人確認画面

 

個人情報設定・本人確認・カード登録を開くと上記画像のページが開きますので説明していきます。

 

まず@の部分は自動認証で本人確認を行えますが、自動認証はパスポートと運転免許証の両方をお持ちの方だけが対象になります。
パスポートと運転免許証の両方をお持ちの方は自動認証をご利用下さい。

 

それ以外の方はAの箇所にあるマニュアル認証を開きます。
まず最初にパスポートか運転免許証のいずれかをお持ちの方は先程の自動認証の項目で認証を行ないます。

TitanFX本人確認画面

本人確認書類として必要なのは顔写真付き身分証明書のIDセルフィーと住所確認書類の2点です。

身分証明書のIDセルフィー 住所確認書類
運転免許証・マイナンバーカードなど 住民票・公共料金の請求書・健康保険証など

この2点の準備が出来たらUploadボタンからアップロードを行ないページ最下部にある送信ボタンを押して下さい。

 

IDセルフィーとは?
IDセルフィーというのは顔写真付きの身分証明書を手に持った状態で、上半身(頭まで)が写った写真の事を言います。

TitanFXIDセルフィー画面

 

後はTitanFXの方で本人確認書類をチェックし問題が無ければTitanFXの口座開設が完全に完了します。

 

※万が一書類に不備があった場合はTitanFXからその旨の連絡があるので指示に従って再度アップロードを行なって下さい。

 

 

以上でTitanFXの口座開設手順の説明を終わります。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

TitanFXの関連ページ

TitanFXの入金方法
TitanFXの入金方法(クレジットカード・銀行振込・Bitwallet)を画像付きで説明しているので口座開設が完了したらご覧下さい。

 

TitanFXの出金方法
TitanFXの出金方法(海外送金・クレジットカード・Bitwallet)を画像付きで説明しているので出金する際にご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

TitanFXの必要証拠金とスワップポイント

主要通貨の必要証拠金とスワップポイント(2019/05/19時点)

通貨ペア

スタンダード・ブレード口座
必要証拠金

買いスワップポイント 売りスワップポイント
USD/JPY 2,200円 5.31 -11.49
EUR/JPY 2,454円 -3.41 -1.81
GBP/JPY 2,798円 -0.85 -8.48
AUD/JPY 1,510円 2.29 -5.6
NZD/JPY 1,432円 3.04 -6.09
EUR/USD 2,454円 -10.61 6.05
GBP/USD 2,798円 -9.57 1.33
EUR/GBP 2,454円 -4.79 -1
USD/ZAR 2,200円 -238.68 102.32
USD/TRY 2,200円 -698.31 46.99
  • 必要証拠金は10000通貨に対しての金額です。
  • 必要証拠金は小数点を切り捨てて掲載しています。
  • スタンダード・ブレード口座ともにレバレッジ500倍での計算です。
  • スワップポイントはTitanFX公式サイトで公表している数字です。
  • 当方が調べた時点での金額なので現在の金額とは異なります。

 

 

FX(ユーロ)今日の予定・動向(2019年05月24日)

ユーロドル欧州勢参入後に急反発、一次1.12台を回復

24日の東京市場でユーロドルは横這い後急反発。日中は1.1175-85でほとんど動きがありませんでしたが、夕刻欧州勢参入時に急伸、一時1.1205の高値を付け東京時間17:30現在は1.1190レベルでの取引です。

 

昨日の海外市場では、夕刻発表のドイツのPMI等の指標悪化を材料に序盤はユーロが軟調に推移。NY時間に入るとユーロ売りが加速し、一気に1.1107の安値をつけ年初来安値を更新しました。しかし、直後に発表された米国の製造業PMIが予想外に悪化、米10年もの国債利回りが急低下して2年4ヶ月ぶりに2.30%を割り込むと、今度はドルが主要通貨に対して急落する動きとなり、ユーロドルも1.11台後半に急伸する値動きの荒い展開となりました。

 

昨晩の反発でユーロドルは短期下落トレンドを破り、一時21日移動平均線、転換線、基準線等のレジスタンスを上抜けましたが、本日夕刻は再び21日線に絡む動きとなっています。
ただ、材料的には欧州議会選挙、英国のEU離脱問題の難航等引き続きユーロ自身には悪材料も多く、リスクは引き続き下方向。

 

来週月曜は米、英等の市場がメモリアルデイ等の祝日で休場、3連休を控えて市場の流動性が低下する中で、EU懐疑派の台頭が懸念される欧州議会選挙が行われ、トランプ大統領が来日するなど週末から月曜日にかけて為替市場は波乱含みです。

 

尚、英国のメイ首相は下院での自身の離脱案可決がほぼ不可能となったことで、現在保守党1922年委員会のブレイディ代表と会談中、間もなく退陣の日程を発表する見込みです。これが合意なき離脱の可能性が高まるとみての欧州通貨売りになるのか、逆に既に十分織り込んでいる内容でもあり事態進展を好感しての欧州通貨買いになるのか、どちらかといえば後者の可能性が高そうですが注目されます。

 

引用元:FX羅針盤

トップへ戻る